calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

暦は「立冬」。お灸で腎機能UPしませんか。

0

    皆さまこんにちは

    ≪きゃなうぇい≫です( ˘ω˘ )

     

    今日から暦の上では立冬になりました

    皆さま風邪は引いていないでしょうか

     

     

    冷えとは/搬里熱を作れない熱を身体の隅々まで配れない状態

    そのため本来回収されるはずの水分や老廃物が

    手足の末端の皮膚の下にたまったのがむくみなのです
    そしてむくみによって冷えはさらに進んでしまいます

     

    東洋医学で「身体の熱をつくる」のは

    生殖、成長、老化をコントロールしている

    「腎(じん)」の働きであると考えられています

    年齢を重ねると「髪の毛の色が白くなる」「耳が遠くなる」

    などの特徴が表れてきますが「寒がり」もその1つです


    冬は気温が低くなるので、体表の毛細血管の血液量を減らして

    体温を逃がさないようにしますが、寒さを感じるのはそのためです

    防寒すれば体表温度は上がりますが、必要以上に寒さを感じるようであれば

    「腎」の働きが低下していることが考えられます

     

    冷えは「腎」の大敵です

    冬は最も「腎」に影響を与える季節です

     

    「腎」のある腰回りや、足元はしっかり温めましょう
    ぜひ「太渓(たいけい)」にお灸しましょう

    内くるぶしとアキレス腱の間、動脈拍動上です

    ドクドクするところがあればそこに施灸してください

     

     

    また、「腎」を補う食べ物には、黒い色の食材が多いです

    黒い色は、アントシアニン、ルチンなどのポリフェノールを多く含み

    体温を上げる働きや、血を増やす作用もあります

    お豆やごまなど、いつもは白いものを召し上がっている方も

    ぜひこの機会に黒豆、黒ごまに変えてみてはいかがでしょうか

    お肉も骨付き肉に変えると「腎」を補えるのだとか

     

    ≪きゃなうぇい≫


    改めまして、せんねん灸お灸ルームです!!

    0

       

      こんにちは☀

      お灸ルームの【カナヘイ🐻】です!!

       

      今回ブログのタイトルが

      「改めまして、せんねん灸お灸ルームです!!」

       

      お灸ルームがリニューアルするわけではないのですが、

      改めて、お灸ルームがどんなところなのか

      ご紹介させていただきたいと思います(笑)

       

      お灸ルームは【治療】と【お灸教室】を行っています。

       

      営業日:火曜〜土曜(月に1回日曜)

      営業時間:11:00〜19:00

          (10:45から入室できます)

       

      【治療】(火)〜(土) 

       料金:4000円(現金のみ)

       時間:80分

          11:00〜12:20

          15:30〜16:50

          17:30〜18:50

       

       コース:しっかり治療コース

           お灸で妊活コース

       

       内容:お灸治療のみの施術

      ●「問診」→「身体検査」→「施術(治療)」→

       →「アフターケアのアドバイス」の順に進めてまいります。
      せんねん灸の使い方、ツボの探し方もお伝えしています。

      ●ご自宅でのセルフケアにお役立てせていただく治療です。

      ●お客様のお身体に合わせた自宅施灸のツボをお伝えしています。

      ●インターネットまたは電話にてご予約ください。

       

       

       

       

       

       

      【お灸教室】(火)〜(土)

      料金:2000円 (現金のみ)

      時間:90分

         13:30〜15:00

       

      内容:少人数制(6人定員)のレッスンです。

      ●鍼灸師だからこそ伝えることができる

      「正しいツボの探し方、せんねん灸の使い方」をご案内しています。
      ●日によってテーマが変わります。

       入門編、健康お灸、温活お灸、美肌・リフトアップ

       とっておきお灸のツボ、季節のツボ「二十四節気」
       妊婦さんのためのお灸

      ●参加したいテーマからご参加いただけます。 

      ●インターネットまたは電話にてご予約ください。
       

       

       

       

      🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 

       

      月に1回、日曜日にイベントを開催しています。

       

      【せんねん灸健康らうんじ】

       料金:無料

       時間:13:30〜18:30

       

       内容

        ●お灸教室(定員10名)

         13:30〜14:30   

         15:00〜16:00

         16:30〜17:30

         

        ●個別相談(1階ショールーム) 

         13:30〜17:30

         お悩みの症状をご相談ください

       

      🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 🌼 

       

       

      治療、お灸教室ともにせんねん灸の正しい使い方、

      正しいツボの探し方をお伝えしています。

       

      個別で自分の症状を診ていただきたい方は治療を、

      実践形式でツボを自分で探したい、グループレッスンを楽しみたい方は

      お灸教室をオススメしています。

       

      わからないことがありましたら、

      お電話にてご予約のご相談も承っています。

      TEL:03-6280-6668

       

      お灸ルームのホームページでも治療、お灸教室の

      ご案内を行っています。

      http://www.okyu-room.jp/

       

       

       

       

       

       

      皆様のご予約心よりお待ちしております🐻

       

       

       

       

      カナヘイ🐻

       


      背中のこり

      0

         

         

        皆さま、こんにちはー。
        《かっつん》です(^-^)

         

        先日、銀座の中央通りを歩いているとGINZA SIXが出来たり、ユニクロが大型店にリニューアルしたり
        この10年で街並みが変わったことを感じました。

         

         

         

        せんねん灸銀座は今年で10周年ですが、お灸の良さをお客様にお伝えするという点は
        変わらず続けていきますのでよろしくお願い致します。

         

        今回も先週に続いてせんねん灸で不調が改善した症例を紹介します。

         

        では本題。

         

        「背中のこり」

         

        首や肩、背中のこりでお困りの方は結構いらっしゃるのではないかと思います。

        ただ厄介なことに、病院を受診しても対処療法的にシップを処方される程度で診察が終わってしまうことが大半だと思います。

        マッサージを受けてみて、その時は気持ちよく、症状はラクになりますが翌日には元通り・・・

        鍼治療を受けてみようと思っても、鍼は痛そう・・・躊躇してしまう方が多いのでは?

         

        今回ご紹介する症例は50代男性、


        主訴は「背中のこり」でした。

         

        原因は、「高校時代バスケットボール部に所属し、練習の際に左膝の前十字靭帯を損傷したこと」でした。

         

        先週の続きにもなりますが、足を怪我するとカラダ全体のバランスが崩れてしまいます。

         

        この患者さまの場合、左膝の前十字靭帯損傷により腱の再建手術をされていました。
        膝関節の形、機能は元に戻っていても、怪我をしていない右膝と比べると全体的に痩せて力がうまく入れられていない状態でした。

        立って姿勢の確認をさせていただきますと

        左脚だけO脚様になっていました。


         

        また横から見た姿勢は軽度の円背になっていました。

        人間はO脚になってくると骨盤が後傾し、併せて腰骨、背骨は前傾してきます。簡単に解説するとO脚になると上半身が円背(猫背)になりやすくなります。


         

        円背(猫背)になると身体が前に倒れないように背中の筋肉が緊張し続けます。これが背中のこりを引き起こしていました。

         

        【横から見た姿勢の図を入れたいと思います。】


        この場合、怪我をした左膝にせんねん灸をすえます。

        ツボを探してお灸をすえると、

         

        〆孤┐卜呂入り安定してきました。

        ⇔った時の左膝だけに見られたO脚が正常位置に戻ってきました。

        O脚が改善傾向となったことで骨盤の位置も正常位置に戻ってきました。

        す盤の後傾が改善されたことで背筋が伸びて姿勢が良くなりました。

         

        治療後、毎日ご自宅でせんねん灸をすえ続け、背中のコリを感じなくなりました。

        「毎日せんねん灸をすえる」ことは大変な面もありますが、続けた分、カラダは善くなります。
        継続は力なりですね。

         

        《かっつん》


        右股関節から太ももにかけての痛み、シビレ

        0

          銀座中央通りが植樹されました。

           

           

          まだまだ可愛らしいですが、すくすく育って欲しいですね。

           

          並木道、楽しみです😊

           

          では、本題。

           

          「右股関節から太ももにかけての痛み、シビレ」

           

          足のシビレに悩んでらっしゃる方は、まず整形外科を受診されますよね。

           

          エコー、レントゲン、MRIなどの画像をもとにトラブルが起きている箇所を特定します。


          例えば、腰の背骨と背骨の間が前後にズレが起きていることがわかると「腰椎すべり症」と診断されます。


          骨と骨が互い違いにズレているのは、骨を支えているまわりの筋肉が弱くなって、支えきれないためです。

           

          患部の痛みを緩和するためにシップ、痛み止めを飲むよう指導されます。

           

          筋肉をほぐして関節の動きを引き出すための運動療法を指導されることもあります。

           

          ここで、

           

          「そもそも筋肉が骨を支えられなくなってしまった原因は何」と思いませんか?

          今回ご紹介する症例は、70代女性、主訴は右股関節から太ももへかけての痛み、シビレでした。

           

          原因は、40年も前に経験された「スキーをしていた時に転倒して右足くびを骨折した」ことでした。

           

          足をケガするとカラダ全体のバランスが崩れます。

           

          足は家で例えると基礎、土台です。

           

          土台が平らであれば、上に建てる家は安定しますが、水平に基礎を作れば良いですが、斜めに傾いていると、基礎を水平にするために角度の補正をしなければなりません。

           

          カラダも同様、不安定な足元を補正するために、ひざ関節、股関節、背骨、肩甲骨、くび、ひじなど、全身の関節でバランスをとるようになります。

           

          この患者さまの場合、右足くびの骨折によって、右足くびのじん帯、腱がゆるくなって不安定になり、立って足をついた時に左右の足の使い方に違いが生じました。

          ご本人には意識できませんが、左右の足のつき方の違いを補正して、日常生活に支障がないよう過ごしてきたのです。

           

          ただ、どうしても右足をつくときに、足裏全体で地面につくことができないため、右の股関節に無理な負担がかかった状態が長年続いていたようです。

           

          また、加齢による太ももの筋力低下が重なって右股関節の神経を圧迫して痛み、シビレが出るようになったようです。

           

           

          この場合、お灸をすえるのは、痛み、シビレが出ている股関節ではありません。

           

          痛みやシビレの原因である「スキーをしていた時に転倒して右足くびを骨折した」患部にツボを探して、お灸をすえます。

           

          骨折した右足くびにお灸をすえると、

           

          ゞ敍、じん帯、腱がゆるくなって不安定だった右足首がしっかりしてきました。

           

          右足の裏全体で着地することができるようになり、ふぞろいだった左右の足のつき方が揃ってきました。

           

          B元の補正が少しずつ小さくなってくるので、右股関節にかかる負担が軽くなり、痛み、シビレが緩和されました。

           

          つ砲漾▲轡咼譴緩和されたところで、加齢によって低下したお尻と太ももを筋力UPする運動療法と組み合わせ、全身の姿勢が良くなりました。

           

          治療後、毎日ご自宅でせんねん灸をすえ続け、2週間後には痛み、シビレを感じなくなりました。

           

          患者様の症状回復の様子を聞かせていただくと、日増しに改善される患者さまに共通するポイントは「毎日お灸をすえる」です。

           


          季節の変わり目にとっておきのツボ

          0

            皆様、こんにちは

            ≪きゃなうぇい≫です\(^o^)/

             

            ようやく秋らしい気候になりましたね

            待ち遠しかったです、「秋」

             

            早速と言わんばかりに台風がやってきますが

            皆様どうぞお気をつけくださいませ

             

            そんな季節の変わり目は体調を崩しがちです

            今日は「頭痛」をピックアップして

            おうちでもできるツボをお伝えします

             

            まずは足通谷(あしつうこく)

             

             

            足の小指の外側で、

            出っ張っている関節をなでで、へこんでいるところ

             

            ✂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            続いては陥谷(かんこく)

             

             

            足の人差し指と中指の間を軽くなで

            関節を越えてへこんでいるところ

             

             

            どうですか、2つのツボは探せましたか?

            ご自宅でのお灸のセルフケアで

            季節の変わり目の体調不良を乗り切りましょう

             

            ツボ探しって難しいと感じたそこのあなた

            お灸ルームではそんな皆様のために

            お灸教室を行っています

             

            特にツボを探す練習がしたいと思った方には

            「とっておきお灸のツボ」のテーマがオススメです

             

            皆様のご予約をお待ちしております

             

            「せんねん灸お灸ルーム」治療のご予約は

            http://okyu-room.jp/page2.html

             

            「せんねん灸お灸ルーム」お灸教室のご予約は

            http://okyu-room.jp/page3.html

             

            ≪きゃなうぇい≫

             

             

             

             

             

             

             

             


            台風19号接近による臨時休業のお知らせ

            0

               

              臨時休業のお知らせ

               

               

              台風19号接近と進路予報から、首都圏では日常生活に大きな影響が予想されています。

               

              せんねん灸銀座 せんねん灸お灸ルームでは、お客様、従業員の安全確保を優先し1012日(土)終日臨時休業とさせていただきます。

               

               (臨時休業日)2019年10月12日(土)終日

               

              お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

               

              せんねん灸発売元 セネファ株式会社

              せんねん灸お灸ルーム


              雑誌 Hanako*(ハナコ)にお灸ルームが掲載されました🌼

              0

                 

                皆さん、こんにちは☀

                【カナヘイ🐻】です!!

                 

                秋なのにまだまだ暑いですねぇ😅

                先日、やっと銀座の無印良品に行って来ました(笑)

                お目当てのパンが売り切れで買えませんでした〜

                また気が向いたら行ってみようと思います!!

                 

                 

                🍞 🍞 🍞 🍞 🍞 🍞 🍞 🍞 🍞 🍞

                 

                 

                マガジンハウスより9月28日発行の

                『Hanako*(ハナコ)』

                 

                 

                 

                「銀座ビューティ イエローページ」の中で

                ビューティスポットのこりほぐしのカテゴリにて

                せんねん灸お灸ルームが紹介されました🎉🎉🎉

                 

                 

                 

                 

                お灸ルームの治療では、

                せんねん灸を使うのはもちろんのこと、

                ご自宅でもせんねん灸をお使いいただけるように

                セルフケアの指導もさせていただいています。

                 

                せんねん灸を使ったことがない方にも

                気軽に治療をお受けすることが出来ます。

                 

                 

                 

                お灸ルームの治療やお灸教室の内容を詳しく知りたい方は

                お灸ルームのホームページまたはお電話にてお問い合わせください。

                 

                ホームページ:http://okyu-room.jp/index.html

                電話☎:03-6280-6668

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                【カナヘイ🐻】

                 

                 


                喉の不調は腎臓が原因!?

                0

                   

                  皆さま、こんにちはー。

                  《かっつん》です(^-^)

                  9月下旬になり暑さも落ち着き、だいぶ過ごしやすくなってきましたね。仕事が終わった後、お灸ルームのビルから1歩出て、吹いている秋風が心地よく感じます。

                  ちょうど今、お灸ルーム斜向かいにあるGINZA SIXの屋上庭園で

                   

                  ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-

                   

                  というイベントが開催されています。

                   


                  サカナクションの山口一郎さんがプロデュースされたそうです。

                  《かっつん》も足を運びましたが音楽と光の演出がとてもよかったです。外で音楽を聴くオーケストラと、庭園という演出が気に入りました。

                   


                  2019年10月31日(木)まで開催

                   

                  みなさんも機会がありましたら、ぜひ行ってみて下さい。
                  ちなみに、このイベントは毎日やっているらしいのですが、

                  日没から開始ですのでご注意ください。

                   

                  さて、ここ最近お灸ルームにご来室されるお客様で喉の不調を訴えられる方が多くなってきました。
                   

                  東洋医学の考え方で秋は「肺」がダメージを受けやすいと言われています。肺と言っても肺の臓器だけでなく、鼻や喉、気管も含まれます。なぜ秋に呼吸器系が不調を起こすのかといいますと、

                   

                  空気が乾燥してくるから

                   

                  です。

                   

                  《かっつん》は毎日、仕事中に気温と湿度をチェックしているのですが、8月と9月の湿度を比べると、この1カ月で20%も少なくなっています。

                   

                  空気が乾燥している分、喉に不調が現れて、咳をしたり、悪化すると風邪を引いてしまったりします。

                  では喉の不調を起こさないための対策!
                   

                  いつもでしたら「肺」にオススメのツボを紹介するのですが、
                  今日は「」のツボを紹介して対策をしようと思います。

                   

                  なぜ「」なのか!?

                   

                  また東洋医学の考え方になりますが、
                  陰陽五行論で「肺」と「腎」は親子関係になっています。
                  「肺」が母で「腎」が子の属性です。

                  「肺」は「腎」の働きを助けながら機能しています。

                  秋になり「肺」の機能が低下することで、「肺」は「腎」を助けることがなかなかできません。

                   

                  「腎」は体内の水分を調整する機能がありますので「腎」のツボを温めて全身に水分を行き渡らせることで、喉も潤います。

                  ということで「腎」の働きを高め、喉を潤すツボは

                   

                  「照海(しょうかい)」がオススメです。

                   

                   

                  ちょうどこの時期、せんねん灸お灸ルームの治療をお受けいただくお客様は照海のツボで血行不良が起きていることが多いため、お灸を据える機会が多いツボです。

                  自宅でも気軽にできるのでぜひお灸をしてみてください。

                  照海(腎)のツボを温め、秋の不調に備えましょう!

                  他にも色々なツボを知りたいといった方はぜひ治療やお灸教室にご参加ください。

                   

                  治療のご予約
                  http://www.okyu-room.jp/page2.html

                   

                  お灸教室のご予約
                  http://www.okyu-room.jp/page3.html

                   

                  もしくは
                  お電話(03-6280-6668)で受付中です。

                   

                  みなさまからのご予約お待ちしてまーす。

                  《かっつん》


                  秋の空 きょうも お灸で「壮快!壮快!」

                  0

                     

                     

                    銀座の空を見上げると、うろこ雲とすっきりとした秋空が見えます。

                     

                    こうやって空を眺めらると、なんだか幸せな気分になります。

                     

                     

                    『壮快』11月号(マキノ) ご覧になりましたか?


                    特集記事で、熱くない「自宅お灸」が紹介されています。

                     

                    外科医でお灸を推奨されていらっしゃる 統合医療クリニック徳院長 高橋徳先生や、筑波技術大学名誉教授で伝統鍼灸学会名誉教授 形井秀一先生は、専門家としての立場から、熱くない「自宅お灸」の実践方法についてご指導くださっています。

                     

                    また、実際に熱くない「自宅お灸」を実践され、ご自身のつらい症状を緩和された体験談が3話ご紹介されています。

                     

                    現代医学では、主に血液検査による「数値」、レントゲン、CTスキャン、MRIなど「画像」による診断がなされます。その検査、診断機器の飛躍的な進歩によって、病気の早期発見、治療で多くの命が助けられています。数年前の標準的な治療が現在ではすでに「過去のもの」となっているなど、つねに「最新」が求められる世界。

                     

                    一方、約2000年前に編纂されたとされる『黄帝内経(こうていだいけい)」が最高の教科書とされ、数千年単位で洗練されてきたものが、時代時代に合わせてつねに新しく更新される世界。

                     

                    検査機器がなくても、望診、聞診、問診、切診の四診によって、患者様の身体の状態を診断し、お灸で言えば、適切なツボに適切なお灸をすえる技術を追求してきました。

                    現代は、現代医学の進歩と東洋医学とを併せて、患者様を診ることができるありがたいと時代です。

                     

                    今、私たちはこの二つの世界を同時に手にすることができる幸せな時代に生きていると言えるかもしれません。

                    多く、病で苦しんでいらっしゃる方にお伝えしたいのは、現代医学では治療が難しい病であっても、東洋医学ではかえって楽になる可能性の高い症状があるということです。

                    せんねん灸の生みの親である、押谷晴(おしたにせい)もまた、40歳過ぎに病に伏し、大学病院など、いくつもの病院にかかりながら回復の兆しが得られなかったものが、毎日、すえ続けたお灸によって救われた一人です。

                    現代医学の治療に、熱くない「自宅お灸」をプラスして、病気の治療、予防に役立ててください。

                    「形井先生に聞く」
                    形井秀一先生が、お灸についてやさしく解説してくださっています。

                     

                    金沢大学附属病院「がんサロンハーモニー」
                    金沢大学附属病院での、がん患者さんへの緩和ケアにお灸をご紹介いただいた記事です。

                    「せんねん灸セルフケアの森」
                    日本全国で活躍する「せんねん灸セルフケアサポーター」を検索することができます。

                     

                     

                     


                    雑誌掲載のお知らせ★ミ

                    0

                      皆さまこんにちは

                      ≪きゃなうぇい≫です(^◇^)

                       

                      ゴルフダイジェスト9/10号

                      せんねん灸が紹介されました!

                       

                      表紙はキラキラ笑顔の渋野日向子選手です

                       

                       

                      🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼

                       

                       

                       

                      夏バテ対策セルフケアとして

                      2ページにわたってツボの紹介と

                      せんねん灸の紹介が載っています

                       

                      ゴルフをされる方もされない方も

                      是非ともゴルフダイジェストをお手に取り

                      夏バテ対策セルフケアをしましょ〜

                       

                      他にもさまざまな雑誌の取材中です

                      情報解禁までお待ちください🎶

                       

                      ✂……………………………………

                       

                      「せんねん灸お灸ルーム」治療のご予約は

                      http://okyu-room.jp/page2.html

                       

                      「せんねん灸お灸ルーム」お灸教室のご予約は

                      http://okyu-room.jp/page3.html

                       

                      ≪きゃなうぇい≫

                       


                      << | 2/11PAGES | >>