「頭痛」をお灸で緩和する

0

     

    みなさんこんにちはー。
    《かっつん》です(^-^)

     

    先週、頭痛に効くツボをご紹介しました。
    「天柱」、「風池」、「三陰交」
    お灸してみましたでしょうか?

     

    16日(土)から時折、雨が降り天気がすぐれませんが、
    不安定な天気で頭痛が起きて、お困りの方もいらっしゃる

    かと思います。

     

    前回、頭痛の種類をご説明しました。

     

    今回は頭痛が起こる[原因]をお伝えします!
     

    ゞ枋シ親痛
     ・西洋医学的には原因不明。
      原因は不明ですが、頭の周りの筋緊張が関連していると

      考えられているようです。

     

     ・東洋医学的には風湿証とうい症状のときに緊張型頭痛に

      似た痛みが起こります。体の中に入ってきた風邪、湿気が

      原因でしめつけられるような痛みが起こります。


    ∧卞痛
     ・西洋医学的には原因不明。
      三叉神経血管説が片頭痛発現のメカニズムとして受け入

      られているようです。何らかの刺激により三叉神経が興奮、

      脳が痛みを発してしまう。
      
     ・東洋医学的には頭や眼をよく使う仕事で頭部に血が偏る

      いわゆるのぼせ状態が頭痛を起こすと考えられています。

     

    7家頭痛
     ・西洋医学的には原因不明。
      視床下部または三叉神経と血管の関係、内頸動脈などに

      関連する説があるようです。

     ・東洋医学的には片頭痛と考え方は似ていますが、

      眼の強い痛みがみられるため、眼の使い過ぎにより

      血が偏り、痛みに繋がると考えます。

     

    そこで
    [頭痛に効くツボの紹介(その2)]としまして

     

    今回は  

     

    [片頭痛、群発頭痛]

     

    に効くツボを紹介します!

     

    肘(ひじ)にある

     

    [曲池](きょくち)
     
    というツボがおすすめです。
    ※火を使うお灸をお使いください

     

     

    東洋医学的にみた曲池のツボは水の属性を持っており、頭の熱を冷ます効能があり、片頭痛を緩和させる、予防させることに使えるツボです。

     

    在宅勤務でPC仕事だけでなく、スマートホンやテレビの見すぎにより片頭痛に繋がりますのでしっかりケアしましょう。

     

    次回は
    ・治療を通じて頭痛が改善した事例紹介
    ・頭痛に効くツボの紹介(その3)
     ※治療経験を踏まえたお勧めのツボを紹介

      

    お楽しみにノシ
    《かっつん》


    《ご案内》
    せんねん灸お灸ルーム 鍼灸師による「ネットブログ健康相談会」開催中です。
    詳しくは「せんねん灸セルフケアの森 事務局ブログ 森からの便り」をご覧ください。
    https://www.sennenq-selfcare.jp/blog/