calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

免疫力アップには「足三里」

0

    皆さま、こんにちは

    ≪きゃなうぇい≫です(^^)/

     

    2月になりとっても冷え込むのかと思いきや

    例年に比べるとそうでもないような気もしたり

     

    風邪やインフルエンザだけでなく

    新型肺炎ウイルスの感染拡大も警戒されており

    皆さま不安な日々をお過ごしだと思います

     

    空気が乾燥し、感染症にかかりやすい

    こんな時季こそお灸で免疫力をあげましょう

     

    免疫力をアップするためには

    足にある胃腸のツボ「足三里」がおススメです

     

    膝のお皿のくぼみから指幅4本分下のへこみ

    と書かれている本が多いのですが

    今回は≪きゃなうぇい≫特別レクチャー版で

    「足三里」のツボをわかりやすくご案内致します

     

     

    ,泙此∋悗髻L」字にします

     

     

    ◆L」にした指を膝のお皿の上に合わせます

     

     

    まっすぐ指を下ろしたときに

    中指の先があたるところが「足三里」

    周辺でへこみがあればそこが良いです

     

     

    お灸は、免疫力を高めて身体本来のはたらきを

    無理なく回復させる治療法です

     

    今月からお灸教室に

    「免疫力アップ」という新しいテーマが

    追加されました

     

    免疫力をアップしたい方

    ぜひお灸教室でお灸の体験してみませんか

     

    ご予約はこちらから ↓

     

    「せんねん灸お灸ルーム」お灸教室のご予約は

    http://okyu-room.jp/page3.html

     

    ※インターネットのお灸教室の予定表では

    2月7.12.20.25日は「温活お灸」となっていますが

    「免疫力アップ」に変更となっております

     

    正しくは ↓

     

    温活お灸:15日(土)、29日(土)

    免疫力アップ:7日(金)、12日(水)、20日(木)、25日(火)

     

    ご迷惑をおかけして申し訳ありません

    ご予約の際にはお気をつけくださいませ

     

    ≪きゃなうぇい≫


    東洋医学 ホントのチカラ

    0

       

      こんにちは☀

      カナヘイ🐺です!!

       

      いつもの冬であれば「寒さがきびしく身にしみる」はずですが、
      一気に4月の気温、春の陽気になったり、はたまたみぞれが降って冬に逆戻りになったりして、天候の変化がめまぐるしく、カラダがてついていくのも大変です。

       

      とはいえ、冬は身がちぢこまり、カラダが硬くなります。
      冷え症、花粉症、肩こり、腰痛、頻尿、便秘など冬につらくなりがちな症状に悩まされていませんか?

       

      そんなみなさんに朗報です😃!

       

      一昨年、2018年9月に放送され、大反響でした

      NHK総合『東洋医学ホントのチカラ〜科学で迫る鍼灸・漢方薬・ヨガ〜』
      の続編が放送されます。

       

      NHK総合

      『東洋医学 ホントのチカラ“冬のお悩み”一挙解決SP』


      《番組の詳細はこちらへ!》
      https://www4.nhk.or.jp/toyoigaku-honto/

      (放送時間)

      2020年2月5日(水)午後7時30分〜 午後8時42分

       

      ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄

       

      東京でもパラっと雪が降りましたね❄

      体が冷えると気持ちも沈みやすくなりますよね😔

      そんなときはゆっくりお風呂に入る!!

      しっかり睡眠栄養をとる!!

       

      それでもダメな時は、、、

       

      お灸をする

       

      ✨冷えにオススメのツボをご紹介いたします✨

       

      湧泉.jpg

       

      【湧泉 ゆうせん 】

      ソフトきゅう竹生島で感じなければ温熱レベルを上げよう!!

       

       

       

      【関元 かんげん】

      火を使わないお灸 太陽 or 世界 がオススメです。

       

       

      【腰陽関 こしようかん 】

      【八髎穴 はちりょうけつ 】

      火を使わないお灸 世界がオススメです。

       

      ツボの探し方がイマイチわからない方は、

      治療、お灸教室でご案内してます↓↓

       

      「せんねん灸お灸ルーム」治療のご予約は

      http://okyu-room.jp/page2.html

       

      「せんねん灸お灸ルーム」お灸教室のご予約は

      http://okyu-room.jp/page3.html

       

       

      ご予約お待ちしております。


      カナヘイ🐺

       


      良性発作性頭位めまい症を足から治す

      0

         

        皆さま、こんにちはー。

        《かっつん》です(^-^)

        先日、新年を迎えたばかりですが1月も終盤にさしかかりました。みなさま、お正月の連休から明けて、日常生活のリズムは元に戻ってきた頃でしょうか。
        今年は暖冬なんて言われていますがさすがに1月下旬にもなると寒くなりますよね。冬の銀座はこんな感じです。

         

         

        前回に続き、せんねん灸で不調が改善した症例をご紹介します。

         

         「主訴は良性発作性頭位めまい症」

         

        耳の奥にある三半規管、この中に耳石(じせき)と呼ばれる石があり、この石から音を脳へ伝達しています。

        この石が何らかの拍子にずれてしまうと「めまい」の症状が起こります。

        病院を受診されますと、めまい止めの薬、安静(石の位置が自然と治ることを待つ)といった治療が行われます。


        私が治療を担当させていただいた方は

        50代 女性、

        12月上旬に突然発症されました。

        起床され、飲み物を飲まれ布団に戻って横になられた際、目がまわり始め起き上がれなくなりました。

         起き上がれない状態が2日間続き、その後も10日間ぐるぐる回る感覚が続いたとのことでした。
        12月下旬、治療にいらっしゃいました。
        治療の際もフワフワとした違和感がありました。

        お体を拝見し、体の傾き、ねじれが見られました。
        左の肩が右側より高く、左肩が前方に出てねじれがありました。

         

         

        また治療室内を歩いていただくと、上半身が左右にブレながら歩かれる特徴がありました。
        歩行時に上半身がぶれることで頭も左右にぶれてしまい、耳の中の石が動いてしまうことが多く見られます。
        上半身がぶれてしまう原因は立位時、体の傾き、ねじれが関連しています。

         

        【大まかな治療法

        根本治療:歩行時、上半身(頭)のブレを補正する。
         ※めまいを起こりにくくします。
              足にお灸を据えて、姿勢、歩行矯正を行います。

         

        対処療法:耳への血行を良くして石の位置が早く戻るように調整します。

          ※現時点でのぐるぐる、フワフワ感を軽減させます。
             耳へお灸を行います。

         

        このお客様の場合、
        左足
        ・三陰交
        ・公孫

         

        右足
        ・三陰交
        ・大都
        ・至陰

         


         

        足へお灸を据えると、立位時の姿勢(傾き、ねじれ)は改善し、歩いていただいた際、上半身(頭部)のブレも減り安定しました。
        この状態が続くと、耳の奥にある石はズレにくくなり、めまいが起こりづらい根本治療になります。

         

        また、ぐるぐる、フワフワした感覚がありますので、耳に棒灸を使い温めます。

         

        耳に棒灸を据える過去の記事がありますので参考にしてください。

        http://1009okyu-room.jugem.jp/?eid=90

         

        棒灸の使い方はこちらの記事を参考にしてください。
        http://1009okyu-room.jugem.jp/?eid=43

         

        耳に棒灸を据え、ぐるぐる、フワフワした感覚は軽減し、ご帰宅いただきました。
        ご自宅でも足と耳へのお灸を継続していただき、先日再来院していただきお体の経過をお聞きしましたところ、めまいはすっかり無くなったとのことでした。

         

        めまいの原因は「足」にあり!
        人間の体って難しいですねぇ。

         

        良性発作性頭位めまい症でお困りの皆さま、せんねん灸お灸ルームのお灸治療をぜひご検討ください。

         

        治療のご予約
        http://www.okyu-room.jp/page2.html
        もしくは
        お電話(03-6280-6668)で受付中です。

        みなさまからのご予約お待ちしてます。

        《かっつん》

         


        「パンパン」「カチカチ」本当につらい肩こりをほぐす「膝のツボ」

        0

          せんねん灸をご愛用いただいている皆さまから「肩がこっているところ、首がこっているところにお灸をすえると楽になりました!」というお声を多くいただきます。

           

          つらいところにお灸をすえて症状を緩和する方法は、もっとも簡単でわかりやすいですね。

           

          それでも「せんねん灸お灸ルーム」にご来室くださる患者さまのほとんど多くが肩こり、首こりを訴えてご来室されます。

           

          「いろいろな治療を受けてきたけど、あまりにコリがつらくて、なかなか緩和されません」とおっしゃいます。

           

          「せんねん灸お灸ルーム」では、コリや痛みなど、カラダにあらわれる様々な症状は、体に不具合が起こっている「結果」であって、「結果」を改善するためには「原因」にアプローチしてお灸をします。

           

          肩こり、首こりの皆さんに注目していただきたいのは「膝(ひざ)」です。

           

           

          YouTubeにて「せんねん灸お灸ルームおすすめ ひざ痛のツボ」でもご紹介していますが、私たち二足歩行の人間は、何気なく生活しているだけでも、膝関節に大きな負荷がかかっています。

           

          立っているとき、膝関節にかかる重さは 「体重の1.1倍」

          平らなところを歩いているとき、膝関節にかかる重さは 「体重の2.6倍」

          階段を降りているとき、膝関節にかかる重さは 「体重の3.5倍」

          もの負荷がかかっているのです。

           

           

          体重を50kgとすれば

          「立っているとき、膝には55 kgの負荷」

          「歩いているとき、膝には130kgの負荷」

          「階段を降りているとき、膝には175kgの負荷」

          がかかっているということ!

           

          日々「せんねん灸お灸ルーム」で患者さまのおカラダを拝見していると、「体重の2.6倍」「体重の3.5倍」もの負荷を受けカラダを支えている「膝(ひざ)」に問題があって、カラダのバランスをくずし、姿勢にゆがみが生じていらっしゃる方が実に多いのです。

           

          私たちは「痛みがないと問題ない」と考えがちですが、「痛みがない」だけで実は相当な無理がかかっているのです。

           

          根深い肩こり、首こりを解消する膝のツボをご紹介します。

           

          膝眼(しつがん)

          膝のお皿のすぐ下にある左右のくぼみです。

           「膝眼」の探し方を動画で見る

           

           

          犢鼻(とくび)

          膝のお皿のすぐ真下(ました)にある凹み(へこみ)です。

          「犢鼻」の探し方を動画で見る

           

           

           

          長い間、膝に負担がかかり続けるとひざ関節が固くなり動きが制限されるようになります。

          ➡️膝と股関節(こかんせつ)を結ぶ靭帯(じんたい)が固くなります。

          ➡️股関節が硬くなると仙腸関節(せんちょうかんせつ)が固くなります。

          ➡️仙腸関節(せんちょうかんせつ)が固くなると肩甲骨(けんこうこつ)が固くなります。

          ➡️肩甲骨(けんこうこつ)が固くなると肩がこり、首がこります。

           

          膝が軽く、動かしやすくなるとともに、肩甲骨も軽く、動かしやすくなります。

           

          ぜひお試しください。

           

          JUGEMテーマ:健康のためにやっていること


          新しい治療コースができました

          0

             

            あけましておめでとうございます

            本年も「せんねん灸お灸ルーム」をよろしくお願い申し上げます

             

            こんにちは≪きゃなうぇい≫です

            令和最初の年越しを迎え、2020年になりました

            皆さま いかがお過ごしでしょうか

            私は実家に帰りゆったりしたお正月を過ごしました

            ただ、年越しの瞬間は寝てしまっていました(泣)

             

            ✂…………………………………

             

            では、気を取り直して本題に参りましょう

            タイトルに掲げましたとおり治療のコースに

            冷えとりチャレンジと題しまして

            新しく「温活お灸治療コース」ができました

             

             

            根深い冷え症というのは、身体の冷え+心の冷えが

            関係していると言われています

            「温活お灸治療コース」では体質チェックをしていただき

            身体が冷えやすい原因を見極めます
            お灸で冷え症解消にチャレンジしてみませんか


            チャレンジ )萋お灸を続けましょうああああ
            チャレンジ◆〔鵤吋月後に再来室していただき

               冷え症チェックをします


            ※初回治療後、再来室のご予約をお取りいただけます

             

            ✂…………………………………

             

            ご予約方法はこちら☟

             

            ,灸ルームの「治療室のご案内」ページから

            「初めてのご予約」(黄色のアイコン)をクリック

             

            ⊆N鼎里幹望日時を選択

             

            F時に間違いがなければ「次へ進む」をクリック

            (下記の写真参照)

             

            ぁ峅抗茲灸」治療コースを選択し

            表示を「1コース選択」にする

            (下記の写真参照)

             

            ネ縮鷦塒佑里名前やお電話番号などの入力をし

            「完了する」ボタンまで押せば予約完了です

             

            皆さまのご予約をお待ちしております

            冬の寒さをお灸で乗り越えましょう!

             

            ≪きゃなうぇい≫


            ❄年末年始休業のお知らせ❄

            0

               

              こんにちは☀

              【カナヘイ🐻】です!!

               

              なんだか曇りの日が多く、寒くてどんよりした日が続きますが、

              皆さんお元気ですかーーー!?

               

              カナヘイは足先靴下で寒さ対策をしているので元気です!!

              (ちゃんとお灸もしていますよ、、、笑 )

               

               

              ではでは、早速本題ですが、、、

               

               

              ◆お灸ルーム年末年始休業のお知らせ◆

               

              12/28(土)〜1/5(日)まで休業とさせていただきます。

              ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

               

              年明けは1/6(月)からです!!

              普段は月曜日はお休みですが、今回は特別に営業します!!

              皆さんお間違えなく〜!!

               

               

               

              年末年始、忘年会、年越し、新年会など、

              沢山食べたり飲んだりする機会が増えてきます。

              そんなときにオススメのツボはこちら☟☟☟

               

               

              足の裏はレギュラー灸伊吹やしょうが灸八景など、

              少し熱めのせんねん灸がオススメです!!

               

               

              この機会に是非お灸を据えてみてくださいね☆彡

               

              よいお年を✨

               

               

               

               

               

              カナヘイ🐻

               

               

               

               


              肩の痛み!原因は足の動きかもしれません。

              0

                 

                皆さま、こんにちはー。

                《かっつん》です(^-^)

                12月になり冬も本番になってきました。二十四節気では冬至になりました。
                もうすぐクリスマスですね。銀座はクリスマスの装飾が華やかです。

                三越さんのディスプレイです。

                 

                 

                今回も、せんねん灸で不調が改善した症例をご紹介します。

                 

                「主訴は右肩の痛み」

                 

                50代 女性

                5月から痛みが起こり、整形外科を受診しても症状は改善せず、11月に初診でお身体を拝見させていただきました。
                肩の痛みが強く5月から趣味のゴルフができていないとのことでした。お身体の特徴として右肩が高く、前方に捻じれが見られました。

                 

                 

                 

                併せてここ最近左の太ももの後ろ面の痛みがあることをお話しくださいました。

                歩き方を拝見しますと、左の太もも後ろ面の痛みから、左足を引きずる歩き方をされていらっしゃいました。足と腕の動きは連動しているため歩行時に右の腕も動いていませんでした。右肩と左の太ももが関連していることを予想立て、併せて腕が動いていないことで筋肉が固くなり痛みに繋がっていることをご説明しました。

                 

                このような時は主訴の部分(肩)から治療を進めますと、のぼせの症状が出てしまう方がいらっしゃるため、足から治療を始めます。

                太もも後ろ面の痛みがある筋肉の張りを確認しながらツボを探したところ、
                左足の
                「陰稜線」、「築賓」、「委中」、「飛揚」で張りが柔らかくなりました。

                 

                 

                 

                再度歩いていただくと、左太もも後ろ面の痛みはなくなり、足を引きずらなくなりました。左足がしっかり動くようになったことで、右腕の振り出しも見られるようになり、肩の痛みも軽減が見られました。

                 

                続いて肩の痛みがある部分の確認をさせていただき、肩の後ろ面に痛みがあることを教えていただきました。肩の後ろ面の筋肉が柔らかくなるツボを探したところ、
                右腕の
                「手三里」、「温溜」で張りが柔らかくなりました。

                 

                 

                ご自宅で続けてせんねん灸を使っていただき、12月上旬に経過を診させていただきました。
                ご自宅で続けていただきましたところ。


                5月の際、痛みは10段階中10でした。
                11月の治療時、痛みは10段階中4まで減っていました。

                12月の治療時に痛みは10段階中1まで改善しました。

                 

                これからは更に寒くなり筋肉が固くなりやすいため、痛みがなくても予防としてお灸を続けていただくことをお勧めしました。
                 

                肩の痛みといっても原因が肩にあるとは限らず、その方のお身体をしっかり拝見して原因を突き止めていくことが大切とあらためて感じました。
                肩の痛みでお困りの皆さま、せんねん灸お灸ルームのお灸治療をぜひご検討ください。

                 

                治療のご予約
                http://www.okyu-room.jp/page2.html
                もしくは
                お電話(03-6280-6668)で受付中です。

                みなさまからのご予約お待ちしてます。

                《かっつん》


                妊婦さんのためのお灸 妊娠中の体調管理&安産のためのからだづくり(改訂版)

                0

                   

                   

                  こんにちは。

                  お灸の伝道師こと、

                  さすらいの《お灸くん》

                  です。

                   

                  12月といえば、やっぱり「クリスマス」がメインイベントですね。

                   

                  せんねん灸お灸ルームのはす向かいにある「ギンザシックス」では、火の鳥のような、鳳凰のようなオブジェが「クリスマス」気分を盛り上げています。

                   

                  ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️

                   

                   

                  ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️

                   

                  せんねん灸お灸ルームでは、「妊娠中の体調管理にお灸を活用したい」「妊娠中のマイナートラブル(便秘、むくみ、頭痛、腰痛、貧血・・・など)をお灸で解消したい」「安産のためのお灸をしたい」「逆子をお灸で治したい」などのご要望を多くお寄せいただきます。

                   

                  実際に「逆子」治療に関しては、 日本をはじめ中国、韓国、ヨーロッパなど世界各国で研究され、その成果として高い有効性が発表されているんですよ。

                   

                  「せんねん灸セルフケアの森」ブログ

                  「セルフケアによる温灸の効果〜妊娠期を中心として〜」

                   

                  にて、妊娠中お灸によるセルフケアを続けた場合の効果について、研究データをもとにご紹介しています。

                   

                  ぜひ、ご覧いただき、気持ちを穏やかにして、ママ(妊婦さん)と赤ちゃんの健康のために、産前、産後のセルフケアにお灸を取り入れてくださいね。

                   

                  ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️

                   

                   

                   

                  妊娠中の体調管理と安産に備えてのからだづくりにお灸を取り入れていただくために『妊婦さんのためのお灸教室』を開催しています。

                   

                  お腹に手をあてて「今からお灸をするからね〜😊」

                  赤ちゃんへ声をかけてからお灸をすえはじめま〜す

                   

                   

                  安産のツボ「三陰交(さんいんこう)」へは「火を使わないお灸(太陽)」を貼り

                  腸の運動を活性化して「むくみ」「足のつれ」を改善するツボ「大都(だいと)」「太白(たいはく)」へ煙が少ない「せんねん灸の奇跡ソフト」してま〜す😉

                   

                  せんねん灸お灸ルームでは「自分のからだと赤ちゃんをやすらかな出産(安産)へ導く」ことを目標としてお灸のコツをお伝えします。

                   

                  妊娠中にお灸を始めることが、自分のお産に積極的に取り組むきっかけになればと思っています。妊婦さんにも「自分でできること」があります。

                   

                  妊娠中にお灸によるセルフケアができれば、お肌に触れ、ツボを探してお灸をすえるプロセスの繰り返しが心の安定につながります。

                   

                  せんねん灸で「自分らしい自然なお産」に取り組んでみませんか。

                   

                  これから妊娠中のセルフケアとしてお灸を始められる方は、まず、産科を得意とする鍼灸院へご相談ください。

                   

                  ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️

                   

                  あなたの街で 「せんねん灸セルフケアサポーター」を探す

                  https://www.sennenq-selfcare.jp/

                   

                  「せんねん灸お灸ルーム」治療のご予約は

                  http://okyu-room.jp/page2.html

                   

                  「せんねん灸お灸ルーム」お灸教室のご予約は

                  http://okyu-room.jp/page3.html

                   

                  《お灸くん》

                   

                  JUGEMテーマ:健康のためにやっていること


                  (症例)指の痛み ✋「左手の親指👍 が痛くて伸ばせない」

                  0

                     

                    12月といえば、やっぱり「クリスマス」がメインイベントですね。

                     

                    せんねん灸お灸ルームのはす向かいにある「ギンザシックス」では、火の鳥のような、鳳凰のようなオブジェが「クリスマス」気分を盛り上げています。

                     

                    ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️

                     

                     

                    ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️

                     

                    左手の親指👍 を伸ばそうとすると強い痛みがあり、手のグーパーができなくて困っていると仰る患者様がいらっしゃいました。

                     

                    およそ1ヶ月前のある時、左手の親指👍を伸ばそうとすると痛みを感じるようになり、火をおうごと、徐々に痛みが増してきて、今では料理の際、痛みでフライパンを持つことができない状態とのこと。

                     

                     

                    ご自宅で痛みがある左手の親指👍とその周囲にお灸をしてみると、少し痛みが緩和されるようですが、すぐに痛みが戻ってしまうとのことでした。

                     

                    実際に、痛みのある左手の親指👍周囲のツボへお灸をすえてみましたが、あまり痛みは緩和されませんでした。

                     

                    範囲を広げて、左腕のツボへお灸をすえても痛みは緩和されません。

                     

                     

                    ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️

                     

                     

                    せんねん灸お灸ルームでは、痛みがある患部はもちろん、頭からつま先まで、全身の状態を確認し、症状の患部と全身との関連を見ます。

                     

                    全身の見たときのポイントは

                    ・左右の腕を横方法へ手を上げる時、左肩甲骨と左腕が十分に上がらない

                    ・左右の肩に触れてみると、左肩の筋肉が膨らんでいる

                    でした。

                     

                    左肩をよく触診すると、筋肉のふくらみの中に「ぽつん」と穴のように凹んでいるポイントがありました。いわゆる「肩井(けんせい)」のツボです。

                     

                     

                    「肩井(けんせい)」のツボの確認は

                    「とっておき13のツボ」

                    https://www.sennenq.co.jp/knowledge/tubo13.html

                     

                     

                    ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️

                     

                     

                    この「肩井(けんせい)」のツボへ「せんねん灸オフソフトきゅう竹生島」をすえてみました。

                     

                    1個すえてみると、温かさすら感じないとのこと。熱に対して鈍感であることがわかりました。

                     

                    お灸をすえて効果のあるツボの特徴は、

                    ・お肌をなでると凹みを感じる

                    ・お灸をすえてみると熱さを感じない

                     です。

                     

                    1個、せんねん灸をすえて熱さを感じない場合は、続けて2個目のお灸をすえます。

                     

                    「肩井(けんせい)」のツボへ2個目のお灸を据えてみました。それでも熱を感じないとのこと。

                     

                    ここで1度、左手の親指👍の状態を確認してみたところ、痛みが緩和され、指の伸びが改善されていました。

                     

                    つまり、左手の親指👍は、左肩の影響を受けて痛みが起きているようです。

                     

                    せんねん灸を2個すえて熱くなりませんでしたから、3個目のお灸をすえます。

                     

                    3個目は1段階温熱レベルの高い「せんねん灸オフレギュラーきゅう伊吹」をすえました。

                     

                    すると、今回は「温かさを感じる」までになりました。

                     

                    ここでもう1度、左手の親指👍の状態を確認してみたところ、先ほどよりも痛みが緩和され、痛みなく指を伸ばせるようになりました。左手でグーパーしても痛みを感じません。

                     

                     

                    ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️

                     

                     

                    この患者さまは、他に「いつも左右の肩こりを感じているが、最近、とくに左肩がこる」自覚症状がありました。

                     

                    お伺いしてみると「左手の親指👍の痛み」を感じたほぼ同時期に、「とくに左肩がこる」ようになったそうです。

                     

                    左肩甲骨と左腕が十分に上がらない、つまり左肩、左腕の動き(可動域)が制限される状態で、料理の時にフライパンを持つなどをしていたため、左手の親指👍にかかるストレスが増して痛みを感じるようになったようです。

                     

                    「とくに左肩がこる」と「左手の親指👍の痛み」がつながっていたのですね。

                     

                     

                    ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️

                     

                     

                    せんねん灸お灸ルームでは、「自分でせんねん灸をすえてみても、なかなか症状の緩和がみられない」患者さまが多くご来室されます。

                     

                    ぞうぞご利用ください。

                     

                     

                    ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️

                     

                     

                    「せんねん灸お灸ルーム」治療のご予約は

                    http://okyu-room.jp/page2.html

                     

                    「せんねん灸お灸ルーム」お灸教室のご予約は

                    http://okyu-room.jp/page3.html

                     

                     

                    ☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️🎄☃️


                    ここ最近、「乾燥」気になりませんか。

                    0

                      皆さま、こんにちは

                      ≪きゃなうぇい≫です\(^o^)/

                       

                      師走になり、気が付けばもうすぐ2019年が終わります

                      年々時が過ぎるのが早くなっているように感じます

                       

                      さて、本日のブログのタイトル、

                      ここ最近、「乾燥」気になりませんか

                      私たちの身体は本来の三つの要素が身体を

                      スムーズにめぐることで、生命活動を維持しています
                      東洋医学では「乾燥」というのは「血虚」であると考えられています

                       

                      「血虚」とはカラダをうるおす「水」

                      エネルギーとしての栄養である「血」の不足した状態のことです

                      お肌や髪の毛、爪のツヤがなくなるのも「血虚」の特徴です

                       

                      東洋医学では、舌を見て体質や体調を診断する「舌診」があります

                      舌の粘膜は薄く透明であるため、身体を流れる血液の色がよくわかります

                      舌の色や状態により、体力の強弱、身体の栄養状態

                      冷え、むくみなど身体の状態がわかります

                       

                       

                      健康な状態は一番左の「淡い赤色」の舌です

                      Type1 淡く白っぽい赤色 / Type4 溝が入っている

                      これに当てはまる方は「血虚」に当てはまるかも

                      洗顔など鏡を見るとき、ぜひ一緒に舌も確認してみてください

                       

                      また、日々の生活で、血を補うには睡眠と目の保養が大切です

                      「乾燥」に繋がる「血」をしっかり補うためにも

                      長時間のスマートフォンやパソコンの仕様は控え、

                      こまめに目を休めましょう

                       

                      ≪きゃなうぇい≫


                      | 1/12PAGES | >>